新井英一ウェブサイト掲示板

■ライブの感想など、お気軽に書込んで下さい! 新井もいつも楽しみにしています.
■当サイトにそぐわないと判断された内容(公序良俗に反する等)の投稿は削除致します.
■誰もが公平であるために、規則として1人の方の書込みは、1ヶ月の中で3回までとさせていただきます.

投稿者
メール
題 名
内 容 改行有効 改行無効 図/表モード
   
    URLをリンクする

ガード用キー(必須) 1234と半角で入力

    削除キー (記事削除時に使用)

■投稿時には、この記事を削除する時に利用する削除キーを設定してください.
■一度設定して投稿すれば一定期間同じ削除キーが保存されます.
■入力欄に記憶された内容を消去するには、[書き直し]→[書き込む]を順番に押します.

更新 終了


仙台ソロライブ、YouTubeにアップ
投稿日 6月12日(土)12時12分 投稿者 ならやまたけお [p977161-ipbf944aobadori.miyagi.ocn.ne.jp] 削除

新井さんからOKもらってスマホに撮った映像です。
素人撮りの映像で、編集したりできないのでそのまんまをアップします。

新井さんは独学で25才でギターを、35才でピアノをやり始めたそうですが、
ぼくは69才でスマホデビュー、YouTubeアップなんて生まれて初めて。

「サランヘヨ」と「清河の道」の2曲です。
1年4ヵ月ぶりの新井英一の魂の歌、どうぞ聴いてください。

https://www.youtube.com/watch?v=UyGnPSyUlNg
YouTubeで「新井英一仙台ソロライブ」で検索してください。


新井さんに感謝、楢山さんに感謝
投稿日 6月9日(水)10時51分 投稿者 カジロー [42-145-228-134.rev.home.ne.jp] 削除

書かずにいられない、自分のことをあつかましく書きます、お許しください。
 7日の朝8時、鈴木とみ子さんから電話が入った、
「素晴らしいライブでした、本当にすごかったです、私は最初のピアノの音が鳴った時、ワーッっと涙がわいてきました、後半は会場に大変な興奮が生まれていました、本当に行ってよかった、勇気をいただきました…」
3月は二人で行くことにしていた、4月と5月は鈴木さんの身内でひとつの別れがあったために僕一人の申込となった、6月の最後の日程が決まるや、鈴木さんから「私行きたい」と電話が入った、また二人で参加することになった、のだが、ライブの3日前に僕は体調を崩し仙台に行けなくなった。
 僕は81歳、新井は71歳、二人ともいい歳だ、そんな時コロナが襲ってきた、新井も新井の友たちもステージを奪われ、僕たちは新井の生の声が聴けなくなった、非常に苦しい月日が際限なく過ぎてゆくその時、楢山さんが「仙台でやろう」と決断してくれた、僕は「少し遠いが絶対行こう」と心に決めて早々に申し込んだ、行くことが新井を、そして楢山さんを励ますことになる、うぬぼれが強い僕は心の中で繰り返していた、
 今回のライブの成功は苦しい毎日を耐えている新井のパートナーの人たちの心に新しい炎をともしたことだろう、また、これまで新井とつき合いが無かったミュージシャンであっても、その中身を知るほどに何か不思議な力を得るのではないか、今現在の日本という国でどのように耐えるか、どのように突破口を開くか、どのようにファンと協働するか、勇猛心の発揮、アーチスト魂、 → 実に見事な挑戦であった…
 新井さん、ありがとう、あなたの危機に直面した時の忍耐心、勇気、行動、みなすごい、正直、うらやましい、少しでも見習いたい。
 楢山さん、ありがとうございます。新井との連携が何より素晴らしかった、本当にご苦労さんでした、心から尊敬します。
 新井英一は13の時からいろいろな決断をして自らの人生の扉を開いてきた、この度、新しい困難に直面し、またそれを乗り越えた、次の扉を開いたのである、
 これからが楽しみだ、
 俺はどこまでついて行けるかな、 → カラダにはちょっとガタが来ているようだが、心は大丈夫、俺の心の水はとどまることなく流れているぞ。

    6/9 10:50AM  カジロー


ワクチンより効果絶大な新井さんのライブ 元気もらいました!!
投稿日 6月7日(月)19時53分 投稿者 小林孫一郎 [softbank060121161137.bbtec.net] 削除

オープニングは「命の河」。30年前のカーネギーホール以来のソロライブが静かに始まりました。
前半6曲はピアノで「君に夢の唄を」「泣く友と見る」などの弾き語りです。
後半は、「心の水」「元気」など6曲をギターで。そしてラストはもちろん「清河への道」。
定員25名の贅沢なライブでした。目の前で新井さんが唄う。じんわりゆっくり唄が心に沁みこんでいきます。やっぱりライブはいいな!!
トークで紹介されたのは、望さんの元気な近況。次からまた一緒にライブで巡るとのことです。
また、コロナ禍で自宅ですごした期間中は、楽曲やツアー記録を整理したり、古いカセットテープを聞き直したりとこれまでの曲を振り返っていたそうです。
新井さんの唄は、旅や人生の道しるべというべき題材が多いと思っています。唄を聞いているとロードムービー(いや、ロードミュージックが正しいのか?)が目に浮かんできます。「清河の道」はもちろん「ニューヨークへの旅」「ブラジル丸最終航路」もそうです。私は、長距離ドライブをする時には必ずこれらのアップテンポの曲を最初にガンガンとかけます。新井さんの強い思いに、なぜか元気がもらえるのです。
 2016.9.16の「ライブin仙台Vol.17」で、新井さん66歳禄寿と結婚40周年の節目に奥様と二人でスペイン・コンポステーラへの道800km歩いたことを話されました。その時、私は絶対「巡礼の道」というアルバムができると思いました。
今回のアンコール曲は、なんとなんとそのコンポステーラ―の旅の唄でした。これまでの人生や奥様への深い愛情に溢れた詩でした。一回では覚えられません。早くアルバムにしていただきたいと思います。でも、まずは急ぎ掲示板で紹介願います。
 ライブの終わりに、楢山さんから新井さんに71歳を記念し「71本の黄色のバラの花束」のプレゼントがありました。
コロナ禍で苦しむ人々や紛争で苦しむ人々に幸せが届けられる願いも込められていました。
会場のお店に控室はありませんでした。ライブを終えた新井さんは、オープニングで入ってきたお店の玄関ドアから爽やかに出ていかれました。
20代の頃に一人渋谷でギター抱えて弾いていたころのように・・・・。
 新井さん、奥さん、楢山さん礼子さんご夫妻、ライブを開催していただき本当にありがとうございました。

 最後に、新潟でのライブについて、2020年9月の予定が延期のままとなっています。2022年春を目指し準備にかかります。
ワクチン接種がすすみ、早く開催できることをせつに願っています。
    新潟 越佐航海倶楽部 小林孫一郎


仙台ソロライブ終了御礼報告
投稿日 6月7日(月)18時01分 投稿者 ならやまたけお [p977161-ipbf944aobadori.miyagi.ocn.ne.jp] 削除

喜びも、悲しみも、ひたすら乗り越えて・・・
「命の河」で新井さんの船が港を出ました。1年4ヵ月の長い停泊期間を終えて。

主催者の役得でいち早くリハで新井さんの歌声を聴き、実はぼくも正直ホッとしました。
そして本番はさらにギアアップして、声帯ではなく骨から響いてくるような歌声に圧倒され
でもそれが不思議と、優しくやさしく聴く者の心に沁みてくるのです。

コロナ下のライブで、小さな店に少人数の観客、一人演奏一人唄、そして一人しゃべり。
前半ピアノで6曲歌いました。
「命の河」
「君に夢の唄を」
「さくらんぼの実る頃」
「アムステルダム」
「暗い日曜日」
「泣く友を見る」

コロナ禍で辛かったのは人と会えないこと、人と話できないこと、一番は歌えないこと・・・
歌の合間にいっぱいしゃべりましたね。いつもと違って話をふる相手もいないので一人で。
店の雰囲気が、若いころ夢を抱いて渡航しバーテンダーをやっていたNYのレストランの
ウェイティングバーを思い出させたようで、そこからの人生をたどるように語って、
今の自分があるのは、内田裕也さん、永瀧達治さん、筑紫哲也さんの恩だと感慨深げでした。

今世界中がコロナで苦しみ、国によっては紛争したり民族の抑圧があったり不幸な時代だが
互いに理解し合って同じ幸せを友や隣人や国同士が共有することが何故できないんだ、と
ラストの「泣く友を見る」では、みんな息を飲んで聴き、ハンカチを目にあてる人も。

休憩タイムはそのままステージの席に残ってみんなと談笑を交わし、後半はギターで。
「心の水」
「つばさ」
「元気」
「サランヘヨ」
「清河への道」

コロナ禍に枯れそうな心に心の水をもらい、心のつばさを大きく広げましょうと励まされ、
元気で生きてるかいと勇気づけられ、この曲の流れに今思うとハッとします。
元気は10年前の大震災の直後、郡山の避難所を復興支援で訪れた時に作った曲だそうです。

サランヘヨはぼくは初めて聴きました。
ステイホームで昔のライブの音源を整理してる時に出てきたそうで、今は無き大阪バナナ
ホールのライブにゲスト参加したあずみけいこさんが歌った歌で、とてもいい曲でした。

エンディング「清河の道」もう何度聞いてもいつも新たな感動が沸き上がります。
アンコール「スペインの大地」も初めて聴く曲でした。
あとで改めてタイトルを聞いたのですが、この曲はまだ心と歌が完全に一致してないので
納得いくまでもう少し時間がかかりそうだと言ってました。
新井さんの曲作りの姿勢に打たれる思いがします。

長くなりましたが、最後にカジローさんのことをお知らせします。
ライブが終わってカジローさんの強烈な書き込みをたくさんの方が待っていると思います。
ぼくもその一人になるはずだったのですが、ライブの2日前に残念ながら急遽体調不良で
行けなくなったと連絡が入りました。
ご本人はたいへん口惜しがっておられましたが、ぼくも同じ思いです。
カジローさんにはずっとエールを送ってもらい、感謝してご来場を待ってましたので。
今度はこちらからエールを送って、早くの回復をお祈りしたいと思います。

コロナの完全終息はまだ望めませんが、仙台から出た船が次に立ち寄る港が決まって、
そしてまた次の港へと、新井さんの歌の旅が無事にずっと続いて行くことを願って、
みなさんの健康を祈って、仙台からの報告を終わります。


2021.6.5 仙台
投稿日 6月6日(日)14時55分 投稿者 サトウムネヒロ [sp1-79-85-91.msb.spmode.ne.jp] 削除

 新井さんに出会って四半世紀。
こんなにライブに行く間隔が空いたのは初めてで、しかも2回の延期。
とにかく待ち遠しかった新井英一ライブに行ってきました。
 新井さん自身久しぶりのライブですし、声は大丈夫かなあ?
と言う余計な心配をよそにピアノの弾き語りがはじまる。
その瞬間!杞憂も杞憂、最高の唄声が全身を貫きました。
ソロは「カーネギー」以来との事でしたが、これまた貴重な体験。
もちろん脳内では望さんのギターが正確に再生されて(特に清河のとき)
不思議な感覚でした。
「yeah」を言えないのはオーディエンスとしても寂しさありましたが、
そんなこんなを差し引いても間違いなく最高で想いでに残る1日になりました。
望さんの近況も新井さんから聞けて嬉しかったです。
最後にナラヤマさんレーコさん、いつもありがとうございます。


6月の新風
投稿日 6月2日(水)08時42分 投稿者 新井英一 [ag014176.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp] 削除

6月になりました、世の中も少しづつ平和に戻りつつあります。
しかしまだ油断はできません、ワクチンがすべての人に届くまでは、、。

5日「土」は仙台ソロライブです、1年4か月振りの新井英一ライブです。
緊張感は最高潮です!さあ、ぼちぼち俺の船が動き出すぞ!

全国の皆さんの港へ又行きますよ!     新井英一ライブ一行


そうです。そして6月、水無月に。
投稿日 6月1日(火)17時02分 投稿者 ならやまたけお [p977161-ipbf944aobadori.miyagi.ocn.ne.jp] 削除

水無月は水の月、田んぼに水を引く時期だから、だそうで
10年前の大震災のとき電気ガス水道みんな止まって、そのあと
水道の復旧がいちばん嬉しくて、水の有難さを思い知りました

新井さんも「心の水」という曲を歌ってますね
心の水が、枯れないうちに、思いどおりに、生きて行くんだ
七色の虹を渡って・・・

6月5日、仙台ソロライブを開催します
長いコロナ禍で、心も枯れてしまいそうなそんなとき
水無月、田んぼに水を引くように
新井さんの歌が、きっと心に水を引いてくれるでしょう


5月も終わり。 なんだね。
投稿日 5月29日(土)20時59分 投稿者 osaka ito [KD111239153113.au-net.ne.jp] 削除

早いもので、5月ももう終わりになりそう。
最高のシーズンである、皐月も終わるんだ。

人生で、5月は いつ頃だったんだろう。

いい頃なんて、知らずに過ぎ去っていったのだろう。

そういえば、5月のバラも長いこと聞いてない。

もうしばらくの辛抱なんだろうな。6月から楽しみだ。




字句の訂正です
投稿日 5月11日(火)09時41分 投稿者 ならやまたけお [p977161-ipbf944aobadori.miyagi.ocn.ne.jp] 削除

昨日の書き込み、本文3行目「変位」→正しくは「変異」
ついでに前の分も、4月3日書き込みのタイトル「再延長」→「再延期」
         4月26日の本文中「アイデンティ」→「アイデンティティ」

手書きだったら間違わないけど、変換だとつい、、、と弁解して自己弁護。
読んだ人も単純ミスと気が付いて読み飛ばしてもらってる、とは思いますが、
3回も続くと、また間違ったけどまあイイヤと済ませられなくて。

最近うっかりミスやら物忘れがめっきり多くなって、自分でもイヤになります。
でも大丈夫。まだまだ心身ともに正常で元気。
仙台ライブは唄者と主催者どちらか倒れるまでやる、と勝負しているところで、
コロナみたいな横やりも含めて、ライブ継続の戦いには負けられません。
ありがたいことに、これがぼくの元気の基になっているのです。


仙台ライブ、6月5日その「時」が!
投稿日 5月10日(月)16時54分 投稿者 ならやまたけお [p977161-ipbf944aobadori.miyagi.ocn.ne.jp] 削除

明日11日で宮城県はまん延防止重点措置解除となります。
独自の緊急事態宣言は31日迄継続ですが、一時の感染拡大状況からは脱しました。
でもコロナウィルスも手強くて、新たな変位を見せるなどあなどれません。
今後も人類とコロナの戦いは長くなると思います。

現状ではゼロコロナは望むべくもなく、コロナ禍の中どう生きていくのか、
事を起こす時どうしていくのか、これは何かの取り決めに従って決めるのではなく、
自らの意思で決めなければもう何も始まらないと思ってます。
カジローさんと考えはいっしょです。

20年以上毎年欠かさずに続けてきた仙台ライブも、去年ストップしました。
悔しかったけど、お上の自粛要請に従ったわけです。
今年に入ってからも、お上発令の宣言で二度の延期を余儀なくされました。
でも次は自分の意思を貫きます。
6月5日はたとえ緊急事態宣言が延長されたとしても、開催します。
よほどの感染大爆発か天変地異の災害に見舞われない限り、開催です。

6月5日「すべてのわざには時がある」その「時」がやってきます。
今はそれを待つというよりも、それをつかみに行くという思いです。

             仙台ライブ主催  楢山健郎、礼子


削除キー 新着順 1 - 10
最大記録件数 100 更新 終了

■削除は、[削除]欄をチェックして、投稿時に設定した削除キーをすぐ上の欄に入力してボタンを押します.
■削除キーが合致しない記事は削除されません.
■削除キー欄にマスターキー(管理者のみ)を入力すると任意の記事の削除が可能です.

MiniBBS