新井英一ウェブサイト掲示板

■ライブの感想など、お気軽に書込んで下さい! 新井もいつも楽しみにしています.
■当サイトにそぐわないと判断された内容(公序良俗に反する等)の投稿は削除致します.
■誰もが公平であるために、規則として1人の方の書込みは、1ヶ月の中で3回までとさせていただきます.

投稿者
メール
題 名
内 容 改行有効 改行無効 図/表モード
   
    URLをリンクする

ガード用キー(必須) 1234と半角で入力

    削除キー (記事削除時に使用)

■投稿時には、この記事を削除する時に利用する削除キーを設定してください.
■一度設定して投稿すれば一定期間同じ削除キーが保存されます.
■入力欄に記憶された内容を消去するには、[書き直し]→[書き込む]を順番に押します.

更新 終了


桂ざこばさん
投稿日 6月12日(水)19時06分 投稿者 奈良の鹿せんべい [119-229-54-80f1.nar1.eonet.ne.jp] 削除

今日、落語家の桂ざこばさんが逝去されたニュースを見ました。
ざこばさんは関西系のバラエティー番組「探偵ナイトスクープ」
などに出演されていたので関西ではとても有名な芸人さんでした。
新井さんのファンだそうで、大阪のライブで何度かお顔を拝見しました。
涙もろい方のようで、新井さんの歌を聴いていつも号泣されていました。
裏表のない純粋な人なんだなと好感をもっていました。
ただ、いつも酔っ払って、新井ちゃーん!いいわー!とかライブ中に叫んで
いたので、めんどくさい客やなと周りは苦笑してました。
合掌


大野城、豊前とお疲れさまでした!
投稿日 6月4日(火)17時28分 投稿者 ならやまたけお [p1463137-ipxg06201aobadori.miyagi.ocn.ne.jp] 削除

新井さん大ファンの福山の人から久しぶりの電話があって長話ししました
大野城豊前に行ってきた、どちらも熱気あふれる感動のステージだったと
2週間たっているのにまだ興奮冷めやらぬ様子でいっぱいしゃべりました

新井さん大野城で「88歳まで歌う」と宣言し、そのことを豊前でも語ったようで
よっしゃー「77歳喜寿還ライブ」の次の大きな節目は「88歳米寿ライブ」
新井さんも望さんも、半さん山田さんも、そしてぼくらもずっと元気でいよう!

歌を聴いていると赤ワイン片手にスイングしてるイイ女に変身した自分がいると
掲示板に由美さんのステキな書き込みがありました
新井英一ワールドですね、聴く人それぞれにその人の世界をもたらしてくれます
ぼくはいつも、終わりを知らない歌の旅の列について歩みを進める自分を見ます

豊前は会場いっぱいの人でうまり、しかも男性8割くらいだったみたいで
それを聞いて恒遠さんの人柄とライブ主催の心意気を知る思いでした
ぼくも新井さんの歌は男の人にぜひ聴いてもらいたいの願いで主催しています
現実はこれまでいつも半分以上が女性の方、それはそれでうれしいですけどね

大野城、豊前と、掲示板のぞいてライブフォト見て、参加した人の話しを聞いて
ぼくも臨場感あふれる思いで楽しませてもらいました
次のときは行きます!きっと!
新井組のみなさん、主催者さん、参加された方も、みなさんお疲れさまでした!
次はリアルでお会いしましょう!


福岡県大野城市のLIVEを堪能
投稿日 5月27日(月)14時48分 投稿者 由美 [ttb5-ip049.user.xsp.fenics.jp] 削除

5/18(土)、福岡県 まどかぴあでのライブに参加しました。
やっぱり生歌はいいですね。
新井さんの力強く繊細な声と、それにピタリとはまる望さんのギター。
素敵な組み合わせだなと、楽器一つ弾けぬ私ですが勝手に満足しています。

目を閉じて新井さんの唄を聴いていると
ちょっとイイ女に変身した私が
赤ワインだかブランデーだかを片手に
バーカウンターでスイングしている気分になれるんです。
実際は、酒もタバコもだめな不調法者ですけどね。


13日の金曜日ライブのお知らせ
投稿日 5月27日(月)14時02分 投稿者 じゅんまま [ae041093.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp] 削除

今年は5年ぶりに、地元八王子で新井さんのライブを開くことにしました。
1998年に「13日の金曜日」として1回目のライブを開いてから、なんと26年目、
こんなに長いこと、心を支えてもらったのか、と思うと新たな感慨がわいてきます。

どうして今まで新井さんを知らなかったんだろう、と思った、最初の時を忘れない。
そして、新井さんのライブを何度聴いても、やっぱりちゃんと生きていかなきゃなぁ、
と思わせられる。感謝しかありません。
今ある、大事なものを残していきたい、ひとりでも多くの方に新井さんの歌を、望さんのギターを
聴いてもらいたい、そんな思いの今年の9月13日の金曜日。どうぞお友達も誘って八王子へ
お出かけください。 お待ちしています。
       新井英一13日の金曜日ライブin 八王子実行委員会  下山千世子
                                 渡辺純子


共感と連帯に大大大感謝!!!
投稿日 5月7日(火)17時14分 投稿者 恒遠樹人 [M014012113194.v4.enabler.ne.jp] 削除

楢山さん、そして、新井さん、嬉しいメッセージをありがとうございました。
久しぶりにサイトを見たら、お二人からの熱いメッセージが!!
本当に驚きました。

そして、更に驚いたことが、楢山さんの奥様が、豊前出身だったことです。
私の母は、宇島小学校のお隣の八屋小学校出身なので、中学は奥様と同窓になります。
学年は随分違いますが。
すごく不思議なご縁ですね。なんだかとってもとっても嬉しいです。
私は、仙台には行ったことがないのですが、いつの日か訪れてみたいと思っています。
こうして、新井さんを通して、全国各地の方々とつながってゆくことの喜びと幸せを、今、噛みしめています。
お陰様で、LIVE開催に向けて、もっともっと頑張れます。

楢山さん、いつかお会いできる日を楽しみにしています!!
それまで、魂を磨いておきます!!

新井さん、望さん、半澤さん、山田さん、2週間を切りました。もう間もなくです。
今回も初参加の人が、随分いらっしゃいます。
新たなファン獲得、間違いなしですね。
新井さんの歌、望さんのギターを初体験の人が、何だかちょっと羨ましくもあります。
ともあれ、旧知の人も、新しい人も、みんなでお待ちしています!!

全国、全世界の新井英一ファンのみなさん、豊前LIVE 頑張ります!!
 

                                          恒遠樹人


感謝!
投稿日 5月4日(土)18時36分 投稿者 新井英一 [ae041093.dynamic.ppp.asahi-net.or.jp] 削除

恒遠さん、楢山さん、ありがとう!そのお気持ちに感謝です!
時代は流れ、命重ねて、出会い続ける人、別れて行く人、人それぞれの人生です。
僕のライブを支え続けてくれた人は全国に沢山います、感謝しかありません!
その気持ちをしっかり受け止めて、これからも歌い続けます。

                            新井英一


恒遠さんに共感と連帯を
投稿日 5月3日(金)00時17分 投稿者 ならやまたけお [p1463137-ipxg06201aobadori.miyagi.ocn.ne.jp] 削除

書き込み読みました
恒遠さんのご意見に熱く共感し連帯を表明します

コロナウィルスは長い間身体的健康被害をもたらしましたが
自粛の名の元にやめることを正当化する精神的要因にもなりました
今もってやることよりもやらないことの理由探しに走る姿をよく見ます
コロナ禍の残した大きな社会的後遺症だと思っています

新井英一ライブはぼくにとっても勝手にライフワークです
新井さんかぼくかどちらかが死ぬまで続けると広言しています
歌で一生をつらぬく!ならばライブを一生主催しようと
今はまだ旅の途中!ならばその終わりを知らない旅に同行しようと

個人ごとですが、妻は福岡豊前の生まれです
だいぶ前の内野さん主催の博多ライブの時に母校の宇島小学校を訪ねました
校舎は替わったけど校門とそこに至る坂道は記憶にあると妻が言ってました
初めて行ったぼくも何かとても懐かしく感じたのが不思議でしたね

今はもう豊前は縁遠いところになってしまったので知り合いもいません
ライブ参加の声がけをする人もいないのが残念です
でも今回同じ思いの恒遠さんとの出会いがあったのはとても嬉しいです
新井さんがもたらしてくれたご縁と感謝しています

豊前ライブ今年は行けませんが今度妻と一緒に行きたいと思ってます
ぼくら夫婦は新井さんと同じ1950年生まれ、まだまだ元気なのでいつかきっと
5.19豊前ライブ、前日の5.18大野城ライブの盛況を祈ります

仙台ライブ主催 楢山健郎


「 新井英一 LIVE in 豊前 vol.9」開催にあたって
投稿日 4月30日(火)19時25分 投稿者 恒遠樹人 [M014012113194.v4.enabler.ne.jp] 削除

 20代で新井さんの歌と生き方に痺れた私は、故郷、豊前でのLIVEを夢みました。実現したのが、2012年。たくさんの人に支えられ、今年で9回目になります。前回は2019年10月でしたので、4年半振りの開催です。
 本来、第9回は、2020年10月27日の開催予定でしたが、コロナで中止となりました。中止は、コロナの感染拡大をいち早く考慮した新井さんが切り出してくれたのですが、私の中には、なんとも申し訳なく、なんだか割り切れないモヤモヤとした気持ちが残りました。その時のことは、昨日のことのように覚えています。そんな思いを払拭したくて、踏み切った今回のLIVEです。
 しかしながら、現実は厳しく、コロナ禍以降、何かを企画し、人を集めることの困難さを今更ながらに実感する毎日です。

 コロナ禍以降、誤解を恐れずに言うなら、「中止」を言い易い社会になりました。人と会うこと
も「自粛」を余儀なくされる社会になりました。地域の伝統行事や、恒例イベント然り。病院へのお見舞いや葬儀参列然り。中止に遠慮はいらず、自粛が「正解」の雰囲気に包まれました。「やらないでいいなら、やらない方がいい」社会の到来かも知れません。履行されない約束が、不確実な日常を形成し、「いつかまた」が「もう二度とない」に取って代わられました。永遠のお別れは、案外身近だったのだということを思い知らされました。
 このままでは、何とも味気なく、寂しい世の中になってしまいます。ワクワクも、ドキドキもない、平板で深みのない社会になってしまいます。そんな世の中、私は嫌です。そんな社会、私は我慢出来ません。大切なのは、「いつか」ではなく、「今日」。「今この瞬間」。会いたい人には、会いたいと思った時に会いに行く。行きたいところも、やりたいことも、全部そう。じゃないと一生後悔することになります。そんな想いで開催します新井英一LIVE!! 新井さんの「今」の歌に、二度はありません。望さんの「今」のギターにも、二度はありません。見逃して欲しくないですし、聴き逃して欲しくありません。あなたの「今」にも、二度はないからです。
 「歌で一生をつらぬく」。新井さんの言葉です。この言葉を自らに課した新井さんの魂の歌と、それに共鳴する望さんのギター。あなたにもきっと届くはず。魂の震えを感じにいらっしゃいませんか。

 私自身、これからもずっと、新井さんが歌い続ける限り、LIVEを主催していこうと、強い決意で臨んでいます。みなさん、豊前周辺に、もし友人・知人がいらっしゃいましたら、どうかお声かけをお願いします。


新井さんの心に響く歌でフイナルライブ
投稿日 2月26日(月)14時25分 投稿者 多賀 重久 [p1263132-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp] 削除

操作ミスで
まだ途中の文章が掲載されてしまいましたので続きを書きます。


「共に生きる」ライブは今回で14回になります。調布10回、そして、永山4回の計14回。もっとやりたい気持ちはいっぱいですが、
コロナ禍による3年間のブランクは体力、気力、そして、高年齢とあいなり、けじめをつけるのは今だと「フイナル」にすると決めました。

 三枝さんと一緒に14回のライブをしてきましたが、ライブをするきっかけは、新井さんの熱烈なフアンだった白川モモちゃんが逝ってしまったことです。
モモちゃんは2007年2月14日なくなりました。ライブの後、新井さんの歌の素晴らしさをいつも語り聞かせてくれました。それで彼女を偲のんでライブをしよう
と始めました。厳冬の2月開催にこだわって行ってきたのはそういうことだったのです。
14回もライブができて本当に良かったです。

 「生きる 生き抜く 生き続ける」 「歌う 歌い抜く 歌い続ける」 
  いつも前を向き 歩み続ける 新井さん!

 14回「共に生きる」ライブ   新井さん ありがとう!

 
                                       多賀 重久
 


新井さんの心に響く歌でフャイナルライブ
投稿日 2月26日(月)13時45分 投稿者 多賀 重久 [p1263132-ipoe.ipoe.ocn.ne.jp] 削除

 「久しぶりに新井英一さんの生の歌声を聴いて感動しました。そして、74才と伺い驚きました。高橋さんも57才、お二人ともすごいですね。
 力強い演奏も歌声も変わっていないどころか、ますます深みが増しているように思います。
  聴いていて「生きる」ということの重さ、しんどさ、力強さ、愛おしさがズシンと響き、涙がでそうでした。お隣の方は、ハンカチで目頭をおさえていました。 (略)」

 2月18日(日)、多摩市永山「かしのき保育園」で「共に生きる」フャイナルライブを行いましたが、寄せられた感想を紹介しました。

 100名近くの方が来てくれ、心に響く新井さんの歌で最高のフャイナルライブができたこと、また、すでに1週間がたっているのにライブの余韻を感じながら過ごしていること。

 最高のライブ、最高の気分、 新井さん 本当にありがとうございました。

  15時30分、「共に生きる」にふさわしいピアノによる「いのち」、新曲「そして 船は行く」でライブが始まり、「それぞれの人生」「いのちの響き」、そして、恒例の望君の語り。
 「普段は幼児たちが飛び跳ねたり、駆けまわったりしている場所、この様子を思い浮かべつつ演奏」と保育園ならではの一言。「「祈り」「元気」で休憩。
  2部は「ケサラ」「俺様ソング」「暗い日曜日」「イムジンガン」「清河への道」アンコールは「・・・泣きなさい 笑いなさい・・・・・」とみんなで一緒に歌ってライブ終了。 
  
  


削除キー 新着順 1 - 10
最大記録件数 100 更新 終了

■削除は、[削除]欄をチェックして、投稿時に設定した削除キーをすぐ上の欄に入力してボタンを押します.
■削除キーが合致しない記事は削除されません.
■削除キー欄にマスターキー(管理者のみ)を入力すると任意の記事の削除が可能です.

MiniBBS